犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine

犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine
トップページへ
CONTENTS
おすすめショップ
おすすめ犬と泊れる宿
特集記事
公園で出会ったワンたち
手作りご飯・簡単レシピ
犬のしつけ教室
犬のしつけ相談室
THE WORLD OF WONDERFUL DOG
登録個人サイト
犬と泊れる宿
ドッグフード
犬のおやつ
犬の栄養補助食品
首輪・リード
ドイツのペット用商品
犬の洋服
犬の室内用品・家具
犬の迷子札
犬のオリジナルグッズ
犬のシャンプー
犬のケアグッズ
犬のマナーグッズ
無料メルマガの登録>>
DOG BODY SHOP 犬用ケア用品
Dog WALK
ノミ・ダニ・蚊の虫除け剤
DOG BICYCLE 犬用自転車
大阪のおいしい店
犬の健康食トライプって何?
トライプには犬に必要な栄養が豊富に含まれています
www.appledog.jp

脚側行進

脚側行進

わがDog Magazineのスタッフが、モモちゃんといっしょにしつけ教室に通うこと約半年。教室に通ってわかったこと。それはわんちゃんの問題よりも飼い主に問題が多いっていうこと。すべて飼い主のやり方ひとつにかかっている。やり方がわかれば話は簡単。そこで、教室で覚えたテクニックをこそっとお教えします。今回は「脚側行進」をご紹介。

脚側行進の目的は、散歩のときに犬をコントロールすること

 脚側行進の目的は、散歩の際に犬をコントロールすること。そして、どんな状況であっても、犬を飼い主の膝にそって歩かせることです。
 まず、自分の左側に座らせます。リードの端を右手で持ち、左手はリード短かめにおなかのあたりで持ちます。余ったリードは右手にたぐっておきます。犬の名前を呼んで、「ツケ」または「ツイテ」「アトヘ」などの指示で、左足で誘導するように歩き始めます。犬は自分の左にぴったりとつけます。数歩でも犬があとに付いたらご褒美のおやつを与えます。はじめはこれを繰り返し、徐々に距離を延ばしていきます。犬が先に行ったり、離れたりしたら、「ツケ」または「ツイテ」「アトヘ」といってリードを引いて引き戻して止まります。そして再び歩きます。どうしても犬は前に行きたがります。この段階では犬があまり前に出ない程度でかまいません。ただし、「少しぐらい
引張られても、まぁいいか」は禁物です。この基本的な訓練を確実にすることです。この段階で、犬に根負けして引張られて歩き続けると、きちんと歩けるようになるまでに、かなりの長時間を要することになります。
 離れたりした時、いつリードを引けば良いのか、そのタイミングは馴れないと難しいものですが、トレーナーさんなど訓練の熟練者は、犬がしくじりそうになるや否や矯正します。慣れてない人の場合は、肝心のタイミングを失ってからリードを引きます。その差は秒単位ですが、これが大きな差になります。犬がこれからしようとしていることを見抜くことが必要です。犬が良くない行動をする前にたしなめます。とにかく俊敏にすることが大切です。

 犬を引き戻すことなく、10歩ほど正しく歩けたら、飼い主が停止し、犬は左に添うように座ります。ここでご褒美のおやつを与えます。飼い主が停止しても犬が座らない場合は、犬の名前を呼んでアイコンコンタクトをし、おやつで座るように誘導します。おやつで座らせる方法は
すわれは簡単、だけどほんとうはもっと奥が深いかもをご覧ください。この時、「スワレ」の指示は出しません。最終的には、飼い主が停止すれば、犬は自然に飼い主の左に添って座るようにするためです。脚側行進は犬が左に添って座ることから始まり、犬が左に添って座ることで終ります。

 おやつの使用は徐々に少なくしてし、最後は喉をなでたり、声で褒めることで犬が満足するようにします。
 服従訓練で最も時間がかかるのはこの脚側行進です。根気良く続けることが一番の早道です。あせって、引張られたままで歩くと、結局遠回りになります。

犬が先に行ったり離れたりしたら、リードを引き戻して止まる。そして再び歩く。これを根気良く続けることが結局は早道。
使用しているのは革製の締め首輪。首輪の位置はあまり良くない。理想的な位置は耳の際あたり。


※写真はDog Magazine編集スタッフのモモちゃんです。
2003年4月30日生まれ。ボクサーの女の子。好奇心は人一倍、いや、犬一倍旺盛。わんちゃんよりも人間のほうが大好き。編集スタッフとしての仕事は散歩中のわんちゃんとの撮影許可等の交渉、ポーズづくり等のスタイリングなど。

 普通の首輪でどうしても犬が引張る場合は、リードを引張ると首が締まる締め首輪を使用します。革製やステンレスやチタン製の鎖の絞め首輪があります。これらは生後6ヶ月になってから使用します。
 絞め首輪は犬の首を締めつけるための道具ではなく、瞬間的にショックを与える合図をする道具です。緩めた状態から最初は十分に強く引き、徐々に穏やかにしていきます。最終的にちょっと引くだけで犬に飼い主の意図が伝わるようになり、引き綱を通じていろいろな命令を与えて犬を導くことができるようになります。革リードとチェーンカラー(鎖の締め首輪)があれば、指1本で指示を与えることができるという人もいるくらいです。
 締め首輪は付ける位置が非常に重要です。位置はできるだけ耳の近くが理想です。肩まで落ちると、合図(ショック)を与えることができませんし、喉にあたる位置では喉を痛める危険があります。締め首輪は端が10cm程度余るくらいが理想です。締め首輪が正しい位置、つまり耳の際にあって、首輪を少し締まりぎみの状態にするだけで、犬は引張らなくなるはずです。
 締め首輪を使用する場合は、できればしつけ教室などで、トレーナーさんの指導を受けられることをお薦めします。使用方法を誤れば、気管をつぶしたりする恐れがあります。

※おやつはボタン位の大きさに小さく切って与えます。また、特別なおやつでなくてもドライフードでもいいのです。

しつけ教室に通って覚えたテクニックをこそっと教えます バックナンバー>>

おしゃれなトレーニング首輪なら
犬の首輪とリードのセレクトショップ
犬の首輪 ハーフチョーク首輪

【ご意見・ご感想をお寄せください】

この記事に関するご意見、ご感想をお寄せください。しつけの方法や体験談についても教えてください。お待ちしています。
Dog Magazineへのご意見・ご感想は Dog Magazineへの感想、意見 

犬との暮らしをより楽しく…Dog Magazineのトップページへ

Copyright(C)2005 Dog Magazine. All rights reserved.
犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine