犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine

Dog Magazine ドッグマガジン
トップページへ
CONTENTS
おすすめショップ
おすすめ犬と泊れる宿
特集記事
公園で出会ったワンたち
手作りご飯・簡単レシピ
犬のしつけ教室
犬のしつけ相談室
THE WORLD OF WONDERFUL DOG
登録個人サイト
犬と泊れる宿
ドッグフード
犬のおやつ
犬の栄養補助食品
首輪・リード
ドイツのペット用商品
犬の洋服
犬の室内用品・家具
犬の迷子札
犬のオリジナルグッズ
犬のシャンプー
犬のケアグッズ
犬のマナーグッズ
無料メルマガの登録>>
DOG BODY SHOP 犬用ケア用品
Dog WALK
ノミ・ダニ・蚊の虫除け剤
DOG BICYCLE 犬用自転車
大阪のおいしい店
犬の健康食トライプって何?
トライプには犬に必要な栄養が豊富に含まれています
www.appledog.jp




 神戸・六甲山の北麓、日本最古といわれる有馬温泉にある「有馬わんわんランド」。この「有馬わんわんランド」は、なんと、犬といっしょに入園できる犬のテーマパークだ。犬のテーマパークと呼ばれるものが大小合わせて何カ所あるかわからないが、犬といっしょに入園できるというのはおそらく、ここ「有馬わんわんランド」ともう一つ、関東にある「つくばわんわんランド」ぐらいだろう。
 犬といっしょに入園できるなんて、愛犬家にとってはたまらない魅力だ。それに何よりも楽しい!


有馬わんわんランド 見出し

 入口のゲートをくぐると、そこはちょっとした高台。そこから眼下に見えるのが一面を芝生の緑に覆われたわんわんランド。周りは山々に囲まれ、わんわんランドの芝生の緑が一層映える。広さは20,000坪というから、東京ドームのグラウンドの約5倍、甲子園球場のグラウンドの約4.5倍だ。

この眺望を眺めているだけで気分爽快。中央はわんちゃんの散歩が自由にできる芝生広場。左の奥はわんわんレース場。

有馬わんわんランド入口
入口ゲートをくぐれば、いっぱい遊べるぞ!

有馬わんわんランド わんわんトレイン
芝生広場をぐるっと一周しているわんわんトレイン。
わんちゃんもいっしょに乗ることができる。

 さあ、さっそくわんわんランドに下りてみよう。長〜いエレベーターがあるので、それを利用して…、と思ったが、モモちゃん(Dog Magazine編集スタッフ/ボクサーの女の子・1才6ヶ月)も一緒なので、ここは長〜い階段をゆっくり下ることに〜。いえ、いえ、ゆっくりなんて無理みたい。モモちゃん、急いで下りる、下りる! スタッフもいっしょに急ぐ、急ぐ! そんなに急いでどこ行くの〜?
 わんわんランドへ下りる手段は、階段とエレベーターだけでなく、ジグザグ状に緩やかなスロープが下まで続いているから、車椅子の人も安心。
 まぢかに見るわんわんランドの芝生の緑の美しいこと。ゆっくり深呼吸してみる…、空気が新鮮。これが高原の爽やかさというのかな。ここに立っているだけで、心地よい気分になれる。ああ〜、生きてて良かった〜、というのはちょっとオーバー。でもそんな気分。
 わんわんランド中央にある芝生広場は、わんちゃんといっしょに自由にお散歩ができる。爽やかな空気のせいか、モモちゃんもいつもより、のびのびとお散歩をエンジョイしているようだ。
 この芝生広場をぐるっと一周しているのが「わんわんトレイン」。一周5分のミニミニ旅行だ。もちろん、わんちゃんもいっしょに乗ることができる。


有馬わんわんランド 見出し

第1コーナーに入るわんちゃんたち。1着を目指して各馬、いや違った各犬ガンバ! ガンバ!!

 場内アナウンスによると、ちょうど、今からドッグレースが始まるみたい。もちろん、わんちゃんといっしょに観戦OKだから、モモちゃんもスタンドで観戦だ。6頭でのスピードレース。パドック(トラック内側の広場)では1頭ずつ順番に、名前、性格などが紹介されていく。このとき、しっかり聞いておこう。マスコットのキーホルダーを1つ500円で購入すれば、レースの予想に参加できるのだ。予想が当れば素敵なプレゼント。モモちゃんも予想に参加?!
 いよいよゲートイン、さぁ、各犬いっせいにスタートだ! ダートコースを砂を蹴散らしながら駆け抜けて行く姿は迫力満点。ガンバ、ガンバ! あ〜あ、残念。モモちゃんハズレ。

 ところで、このわんわんレース場。レースが行われない時間には中央の広場が「わんわん公園」として開放され、わんわんランドに来られたいろんなわんちゃんとお友だちになったり、リードをはずして走らせることもOK。いわゆるドッグランとして利用できるというからうれしい。

有馬わんわんランド ドッグレース 有馬わんわんランド ドッグレース 有馬わんわんランド ドッグレース
パドック(トラック内側の広場)では選手1頭ずつ紹介されてゆく。 わんちゃんもいっしょに、パドックのわんちゃんを見定める?!
砂を巻き上げて最終コーナーに入るシーンは圧巻!

有馬わんわんランド 見出し

ギネスに載ったわんちゃんたちの縄跳び、見て、見て!

 わんちゃんたちのユーモラスなショーが見れるのが「わんわんステージ」。この「わんわんステージ」のわんちゃんたちは、縄跳びの世界記録でギネスに載った犬として有名。その縄跳びのショーが見れるんだから、ここは絶対にはずせない。もちろん、愛犬もいっしょに鑑賞できる。はしご渡りやボール乗りなど、次々と繰り広げられるわんちゃんたちのショーにモモちゃんもあっけにとられたまま固まっている。
 さあ、いよいよお目当ての縄跳びだ。たしか、テレビ番組で世界記録に挑戦したとき、いつも同じところで失敗していたわんちゃんがいたようだが…、いたいた、カッワイ〜イ〜。今日はどうかな(ドキドキ)、うまくいくかな。1回、2回、3回…、上手、上手! 大成功、パチパチ。

有馬わんわんランド わんわんステージ 有馬わんわんランド わんわんステージ 有馬わんわんランド わんわんステージ
もうすぐショーが始まるよー!
シアターの外でお客様にご案内中?!
わんちゃんが高い梯子の上で勢揃いなんて奇蹟?! みんなで力を合わせてヨイショ、ヨイショ! かっわいいねぇ!

有馬わんわんランド 見出し

有馬わんわんランド 運動会 有馬わんわんランド 運動会 有馬わんわんランド 運動会
楽しい「わんわん秋の大運動会」の競技の一つ「わんTWOハイジャンプ」
アッ、失敗しちゃったの。ドンマイ、ドンマイ。その飛びだったら大丈夫! わんわん運動会は楽しいね。かぶりもの競争ガンバレ〜!

 有馬わんわんランド恒例の「わんわん秋の大運動会」が11月23日まで連日開催。競技は3種目。「変身でGO♪GO♪」は、かぶりものをかぶって、わんちゃんと楽しく走ろうというもの。「走って、笑って、障害物」は、簡単な障害物競争で、中には一芸コーナーもあるんだとか。自慢の一芸を披露するチャンスだよ。「わんTWO!ハイジャンプ」は、どれくらいの高さまで飛べるかという高さを競う競技。「わんわん秋の大運動会」は参加費無料。パピークラス、小型犬、大型犬のクラス分けもあるから、どんなわんちゃんでも参加OK。毎日午後1時45分スタート、受付は午後1時30分から。先着15頭だからお早めに。爽やかな秋空の下でわんちゃんといっしょに運動会なんていかが。きっと楽しいよ。

 
「わんちゃんのお菓子レシピ教室」も11月23日までの土曜日、日曜日、祝日に開催される。先着8名。でも見学は自由だから、しっかり見て覚えるという手もある。開催時間は午後3時30分から約20分。内容は、手作りお菓子レシピの説明、レシピのお菓子の試食、わんちゃんの食べ物についての説明。わが家のわんちゃんのために手作りお菓子を作ってみた〜い人は必見。

 有馬わんわんランドは「わんわんレース」や「わんわんステージ」以外にも楽しさいっぱい。
 「わんわんレンタル」では、気にいったわんちゃんを選んで、芝生広場をお散歩できる。気になるわんちゃんがいたら、いっしょにお散歩に出かけてみよう。
 「ふれあい広場」ではいろんな種類のわんちゃんとじかにふれて遊ぶことができるので、飼いたいなぁ〜なんて思っているお目当てのわんちゃんがいたら遊んでみてはいかが。
 世界の名犬、珍犬が集まっている「世界のなかまたち」もぜひ見てみたい。同じエリアには、「こいぬコーナー」があり、仔犬も安く販売されている。このエリアと「ふれあい広場」の2ヶ所だけは犬連れでは入れないのでご注意を。入る場合はインフォメーションで無料で預かってくれる。
 いろいろ遊んでお腹がすいたら、わんちゃんといっしょに「わんだレストラン」へ。

有馬わんわんランド 見出し

 わんちゃんと1日めいっぱい遊んだら、せっかくだから有馬温泉街の情緒漂う通りを散策したり、外湯にのんびりつかってから帰るというのもいいもの。有馬温泉に泊まりたいという場合は、残念ながら、有馬温泉には「犬と泊れる宿」は1軒もないので、泊まる場合は「有馬わんわんランド」のペットホテルの利用をおすすめ。一泊料金は30kg未満は3,000円、30kg以上は5,000円。

■取材協力/有馬わんわんランド

有馬わんわんランドのあんない

■入園料金/大人(中学生以上)=平日1,500円 土日祝1,500円  
      小人(4歳以上小学生まで)=平日700円 土日祝700円 

      
※ただし、「有馬わんわんランド」のホームページにアクセスすれば特別割引券を入手できる。
       
犬の入園料=500円

■営業時間/平日=午前10時〜午後5時(入園は午後4時まで) 
      土日祝日=午前9時30分〜午後5時(入園は午後4時まで)※季節により変更する場合あり

■休園日/木曜日(祝日の場合は営業)※春・夏・冬休み、ゴールデンウィーク、正月は営業

■駐車場/約700台(有料)

■交通/有馬わんわんランド
    または有馬温泉http://www.arima-onsen.com/accessnew/shudan.htmlを参照

■問い合わせ/犬のテーマパーク 有馬わんわんランド
       兵庫県神戸市北区有馬町1509-1(有馬温泉内) TEL:078−903−1199

※参考/つくばわんわんランド

有馬温泉のページへ!

※この記事は200411月に作成したものです。

犬との暮らしをより楽しく…Dog Magazineのトップページへ

Copyright(C)2004 Dog Magazine. All rights reserved.
犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine